ピンクリボンの由来
 

ピンクリボンの由来

乳がんは自分で触って発見できる数少ないがんのひとつです。また早期発見によって、9割以上が完治すると考えられています。実は日本人女性の16人に1人に発症するという、比較的罹患率の高いがんでもあるのです。そんな乳がんから身を守るために、現在ピンクリボン運動が盛んに行われています。ではピンクリボン運動とは、どういった由来を持つものなのでしょうか。

ピンクリボン運動の由来については、さまざまな説があります。1980年代に、アメリカで乳がんによって亡くなった女性の遺族が始めた運動が由来となっているという説が有力なようです。亡くなった女性のお母さんが、遺された患者の娘であり自身の孫に贈ったピンク色のリボンが由来であるという説です。日本では乳がん患者の支援団体あけぼの会が、ピンクリボンにちなんで東京タワーのライトアップをピンク色にしたことが活動の由来となっています。

日本でのピンクリボン運動は、2000年代に入ってからスタートしました。10年が経過した現在では、多くの人々が知るところとなっています。ピンクリボン運動は乳がんの現状を良く知り、多くの女性たちが積極的に乳がん検診を受けることを目的としています。早期発見なら完治する可能性が高い乳がんですが、現在でも依然として命を落とす方がたくさんいます。みなさんも自分のためにそして大切な人のために、積極的に乳がんの早期検診を受けましょう。

ピンクリボン

全国初の乳がん検診受診率50%」を目指す『NPO法人ピンクリボンうつのみや』; 早期発見で笑顔に! ... が無料でマンモグラフィを受診できる「ナショナルマンモグラフィデイ」 に制定、全米で乳がんによる死亡者を減らす運動が始まりました。
ピンクリボン活動とは? 乳がん検診の正しい知識を広めるために
PINKCROSS(ピンクリボン大分)の組織概要や、代表者メッセージ、その由来について解説している。 ... や早期の乳がん検診受診、乳がん治療を推進することなどを目的に行われる乳がん啓発キャンペーン(ピンクリボン運動)を行っているボランティア団体です。
PINKC ROSSについて - PINK CROSS【ピンクリボン大分】